健康

太りやすいかどうかがわかる?!クラッカー自己診断テストとは?

どーも、yoshikunです。 

 

今回は「DNA再起動 人生を変える最高の食事法」という本の中で紹介されていた

クラッカー自己診断テスト」を取り上げていきたいと思います。

 

この診断テストは唾液中のアミラーゼ(糖質を分解する酵素)がどのくらい働くかを調べることで、分解できる炭水化物の量を知ることができます。

 

つまり、自分が炭水化物をたくさん食べていい遺伝子=「太りにくい体質」かどうかがわかります!

 

 

用意するのは、無塩のクラッカー1枚とタイマーだけ!

クラッカーは必ず無塩のものを用意してください。

 

私はアマゾンでこれを買いました。(スーパーには意外と置いていない場合が多いです。)

 

  

無塩クラッカーを口に入れて噛み、味が変わるまでの時間をはかります。

味が変わるまでは極力飲み込まないでください。

 

正確に知りたい場合は、このテストを3回行い、平均値を出すと良いでしょう。

 

 

味が変化するまでにかかった秒数によって炭水化物の許容摂取量が決まります。

「DNA再起動 人生を変える最高の食事法」から引用・編集

 

味が変わるまでに0~14秒かかった人は、炭水化物を多く摂取できる遺伝子を持っています。

炭水化物を取っていい量としては、摂取カロリーの50%までが目安です。

 

味が変わるまでに15~30秒かかった人は、平均的な炭水化物許容摂取量です。

炭水化物を取っていい量としては、摂取カロリーの35%までが目安です。

 

味が変わるまでに31秒以上かかった人は、炭水化物の量を要制限した方がいい人です。

炭水化物を取っていい量としては、摂取カロリーの25%までが目安です。

 

ちなみにクラッカー自己診断テスト、私もやってみました。

結果は16秒で、炭水化物の許容摂取量はふつうでした。

 

糖質制限するべきか迷っていたんですけど、

そんなに制限しなくてもいいことがわかって安心しました。

 

 

制限するほかに水を飲むことも有効!

 

炭水化物の量を少なくするだけではなく、唾液の分泌量を増やすことも有効です。

・水を飲む

・しっかりと噛む

・梅干しなどの唾液の分泌を増やす食べ物と一緒に食べる

 

などは唾液の分泌を促す効果があります。 

 

水分不足は身体に影響を与え、

最悪の場合、脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる病気につながることもあります。

 

水分をこまめにとることで、唾液の分泌を促します。

  

 

ちなみに私は最近ウォーターサーバーを契約しました。

 

水、お湯どちらも手軽にすぐ飲めてとても便利です!



最後に

「糖質制限、糖質制限♪」とよく聞きますが、大事なのは自分の遺伝子にあった食事をしているかです。

 

ダイエットしたい人でも、健康のために食事習慣を改善したいという人も

今回紹介した「クラッカー自己診断テスト」を参考に自分なりの食事を見つけてみてはいかがでしょうか。

  

以上、yoshikunでした!

yoshikun
yoshikun

またね~

 



あわせて読みたい

ABOUT ME
yoshikun
家に引きこもりがちアラサー非モテ独身男子のサラリーマン。 日々思っていることや興味のあることを発信。