お金のこと

【貯金が貯まらない・・・】お金を増やす3つのルール

「お金を貯金したいんだけど、何からすればいいかわからない。」

「新型コロナの影響で給料は下がってしまった。この先不安ばかりだ」

人生を豊かにするにあたって、経済的不安を取り除くということは
必須ですよね。

私も「老後の資金は大丈夫かな」と心配です。

今回はそんな不安を少しでも減らすために、
お金に対する向き合い方について、まとめてみました。

お金を増やすための方法

ずばりお金を増やすための方法は3つです。

1.収支を見直そう
2.収入を増やそう
3.貯めたお金を働かせよう

以下、詳しく説明していきたいと思います。
(今回の記事では1、2を中心に書いています。3についてはまた改めて記事にしたいと思います。)

収支を見直そう

あなたは月々の収支を把握していますか?
支出はどこに使われているかわかりますか?

生活費を見直すには、月々の収支を把握することが大切です。

まずは1回でいいので、家計簿をつけてみましょう。
無料の家計簿アプリなどを使うと便利ですよ。

家計簿をつけた後は、
大きく支出を減らせそうなところを見直していきましょう。

例えば、
・保険を解約する
・格安SIMに変える
・車を持たない

などです。

ここで大事なのは、「これ本当に必要な出費なのか?」
と考えてみることです。

もっと安いものに置き換えることができるんじゃないか、
そもそも要らないんじゃないか

そうやって、考える、調べる、ということをするのが一番大事です。

生活費を減らすことができれば、給料が多少下がったところで、
「やばい、来月の生活どうしよう」などという不安から逃れられます。

 

まずは家計簿をつけてみよう

家計簿をつけることで、使った金額を把握することができ、使い過ぎを減らすことができます。

最近は使いやすい家計簿アプリがたくさんあります。 

家計簿アプリなら人気の「マネーフォワード」がおすすめ!

格安SIMなら「楽天モバイル」がおすすめ

格安SIMなら「楽天モバイル」がおすすめです。

特に「楽天カード」を持っている方はSPUも上がります。



 

収入を増やそう

支出を減らす+収入を増やすことができれば、必然的に自由なお金はたまっていきます。

収入を増やす選択肢としては、

  1. 残業時間を増やして残業代を増やす
  2. 仕事で結果を出して高い役職に就く
  3. 副業を行う

あたりかなと思います。

成果報酬型の企業に勤めている方であれば、本業を頑張って給料を増やすというやり方もアリだと思いますが、一番おすすめは3の副業です。

1の「残業時間を増やして残業代を増やす」に関していうと、
まずどの会社も近年は残業を減らす傾向にあります。
自動化が進みつつあるということ、新型コロナの影響によって残業代を出したくない会社が多いということが挙げられます。

2の「仕事で結果を出して高い役職に就く」に関しては、非常に長い年数が必要です。

どんなに優秀なエリートでも出世するのに時間がかかってしまうからです。
終身雇用の形態は、どうしても才能よりも勤続年数で判断されることが多いです。

その分、3の「副業を行う」に関しては、
・本業以外のスキルが身につく
・起業や転職に結びつけることができる
・やった分だけ成果につながりやすい
・月収数百万も夢じゃない!かも

などといったメリットがあります。

「副業 おすすめ」などと検索すれば、あなたのライフスタイルや目標金額にあった副業を見つけることができると思います。

ただ、副業を行うにあたり、
「会社にばれたら怖い」、「会社で副業が禁止されている」
という方も多いと思います。

実際にはちゃんと手続き等(確定申告、住民税の払い方など)を行えば、
ばれる可能性は低いということですが、

それでも心配な方は、フリマアプリで要らないものを売ってみてはいかがでしょうか。
有名どころだと「メルカリ」、「ラクマ」です。

個人的におすすめなのが、手数料の少ない「ラクマ」です。
しかし、どちらも登録して相場が高い方で出品するのもアリかと思います。

貯めたお金を働かせよう

お金が貯まったら、ただ銀行に預けるだけでは老後のための資金を作るのは難しいです。

リスクを取って、お金を増やす方法を手に入れましょう。

具体的には

  •  株式投資
  •  不動産投資

です。

株式投資に興味がある方は株式投資とは?わかりやすく解説!

興味があればぜひ読んでみてください。

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか。

要は「支出を減らし、収入を増やす!貯まったお金を元手にさらにお金を増やせ!
ということです。かなりシンプルですね。

まずは1ヵ月、家計簿をつけるところから始めていきましょう。

以上、yoshikunでした。

ABOUT ME
yoshikun
家に引きこもりがちアラサー非モテ独身男子のサラリーマン。 日々思っていることや興味のあることを発信。