お金のこと

株式投資を始める際に気をつけるべきこと

株式投資については知識がないまま、始めてしまうと大きく損をしてしまいます。

逆にある程度の知識をつけて、気を付けるべき部分を抑えておけば、大きく損をするリスクを減らすことができます。

「株式投資について全く知らない」

という方は、まずこちらの記事を読むことをおすすめします。

株式投資を始める人が多い理由

そもそも最近、株式投資っていうのが、フューチャーされた理由は、

  • 銀行の金利が恐ろしく下がった
  • ネット証券によって簡単に株の売買ができるようになったこと
  • 老後2000万円問題
  • 新型コロナによる株価下落、将来に対する不安

が大きいです。

銀行の金利は、1970年代だとだいたい5~10%くらいだったんですが、
現在は0.001%と、まさに超低金利時代に入っています。

こうなると
銀行に寝かしても増えてはいきません。

そこで資産運用という形でですね、
株式投資、投資信託に手を出す人が増えました。

前までは株式投資、投資信託とかはですね、
資産を持っているお爺ちゃんとかの世代がやるものだと思われていたんですけども、

このネット証券でですね、簡単に株が買えるようになったこと、
外国の株も簡単に買えるようになったことで
非常にハードルが低くなり、若い世代とかにも株式投資をする人が増えてきたという
感じですね。

ちなみに
銀行とか証券会社で売られている「株」とか「投資信託」とかの
商品はほとんどがぼったくり商品なので、絶対に買わないでください。

やっぱり証券会社の人たちはノルマがあるので、
そんなにいい商品じゃなくても売らなくてはいけないんですよね。

どの証券会社を選ぶ?

では、どの証券会社を選べばいいかというと、
ぜったいにネット証券がいいです。

ネットで口座開設の申し込みとかできますし、
色々と手間や時間が短縮されますし、手数料とかも低いです。

私は「楽天証券」と「SBIネオモバイル証券」の2つの証券口座を持っています。

楽天証券は

  • 低い取引手数料
  • ポイント投資ができる
  • 投信積み立てでポイントがつく

私は以上の理由で楽天証券の口座を作りました。

もう1つのSBIネオモバイル証券は

  • 日本株を1株から購入可能(500円でも買える株もアリ)
  • 月額200円の取引手数料で50万円まで何度でも取引可能
  • Tポイント投資ができる

という理由でSBIネオモバイル証券の口座を作っています。

私は「積み立てNISA」や米国株を楽天証券、日本株をSBIネオモバ証券で取引しています。

「これから株式投資を始めたい!」という方はぜひ少額から投資ができるSBIネオモバイル証券の口座を開設することをおすすめします。

証券口座開設で気をつけるべきこと

証券口座を選んだら、次に口座開設の申請になります。

口座開設の際の注意点としては

  • 本人確認書類が必要(マイナンバーカードがあると非常に楽)
  • 口座の種類を選ぶ必要があるので、適切な口座を選ぶ必要がある。

この2つになります。 

知らないといけない証券口座の種類

 一般口座
 特定口座(源泉徴収なし)
 特定口座(源泉徴収あり)

の3つがあります。

この中で、一般口座と特定口座(源泉徴収なし)は、
原則、確定申告が必要になります。

特定口座(源泉徴収あり)の場合は、確定申告がいらないので、
忙しいし、確定申告するのがめんどくさいという場合には源泉徴収あり
でいいと思います。

株式投資における基本的スタイル

では、株式投資における基本的な姿勢っていうのを
お伝えしていこうかなと思います。

本気で投資家を目指していて、大きなリスクをとってでも
大金持ちになりたいという方もいるかもしれませんが、

ほとんどのまだ株式投資をされていない方は、本業をされていて、
本業もやりながら、貯めたお金を少しずつ増やしていきたいなという方
が多いのではないかなと思います。

そんな方に向けた「株式投資における基本的スタイル」について書いていこうと思います。

投資スタイルを決めておく

詳しくはそちらの方の配信も聞いてみてください。
運用投資とトレード投資ですね。
カンタンにいうと長期的にこつこつと利益を上げていくのか
短期的に上げていくのかの違いですね。

ここの部分をまずきめましょう。

若い方で割と時間があるという方はトレード投資でもいいかなと思います。
リスクはありますけども、少額で始めれば、勉強代ということで
上達も早いんじゃないかなと思います。

ただ、短期的に売買を行う作業ですので、情報収集に結構時間がとられ、気持ちの方も
「なーんか株価をみないと不安」っていうことにもなりかねません。

実際、最初の株始めたての私はそうでした。

本業もなかなか集中できないみたいなこともちょっとあったりもしたので、
ボクはもう運用投資のやり方でいこうとおもっています。

本業もやりながら、貯めたお金を少しずつ増やしていきたいなという方は
長期運用でコツコツとやっていくスタイルがいいかなと思います。

もちろん僕みたいに途中で変えるのもアリだと思いますので、
柔軟に考えていきましょう。

大きいリターンにはそれ相応のリスクがあると心がけておく

この大原則を忘れないでください。

資産運用の場合は
年利3~5%ぐらいで十分、と言われています。
100万円投資して3万円利益が出たらいいよねーぐらいです。

それ以上のリターンを狙いに行く場合には
それ相応のリスク、あとは時間を費やさなければなりません。

大きいリスクをとってしまうと精神的にもつらいと思います。

なので年利3~5%を狙いに行くスタイルが一番いいかなと思います。

この年利3~5%というのを頭に入れておくと
1週間でお金が2倍になるとかいう話はだいたい嘘っていうのが見破れますし、
逆にリボ払いとか利率やばいなーと思えるようになります。

株式投資を行うメリットっていうのはこういう騙されにくいあたまになると
いうところもあうのではないかなと思っています。


株式投資でリスクを低くする方法として常識ともいえる考え方が「分散投資」という考え方です。

1つの企業・1つの業界だけに投資する一点集中はやめましょう。

しっかりとリスクを分散させるようにいくつかの業界に投資することをおススメします。

これに関して難しいという方は
投資信託だけでもやってみるのがいいかなと思います。
特に投資信託の中でも、「インデックスファンド」がおすすめです。

余裕のある資金で株式を始める

これはやってしまいがちなんですけども、利益が出てきたときとかは、もっともっと利益を出そうとなんとかお金を捻出して投資に費やそうとしてしまいがちです。
株式投資は利益を出すときもあれば大きく損をすることもあります。
損が出たときに、

「生活が苦しくなった。」

という風にならないように、
必ず余裕のある範囲内で株式を行いましょう。
おススメは毎月決まった金額を投資に回すというスタイルが良いかなと思います。

まとめ・おすすめ本

それでは最後におさらいです。

手軽に株式投資を始めたいという方が気をつけるべきこと

  • 投資スタイルを決めておく
  • 儲け話にはリスクがあると心がけておく
  • 余裕のある資金で株式を始める

この3つを頭の隅にでも入れておくと「株のせいで生活が苦しくなった」
「株なんかやらなきゃよかった」なんて事態になる可能性は限りなくゼロになるんじゃないかと思っています。

おすすめ本を紹介します。

一冊目は「株の学校超入門」という本です。

これを読めば株というものがざっくりと理解できると思います。

株式投資だけでなく、お金についてもっと知りたいという方は、
youtubeでお金について発信しているリベ大の両学長の本です。お金にまつわる知識を解説しています。イラストや具体的な方法が書いてあり、読んですぐ行動できるようなことが多く書いてあります。


以上、yoshikunでした!

ABOUT ME
yoshikun
家に引きこもりがちアラサー非モテ独身男子のサラリーマン。 日々思っていることや興味のあることを発信。