静岡県西伊豆町の郷土料理「万能塩鰹茶漬け」が万能過ぎた!

  • URLをコピーしました!

静岡県西伊豆町の郷土料理「塩鰹」をふんだんに使った「三角屋水産 万能塩鰹茶漬け」。

「めざましTV」や「バナナマンのせっかくグルメ!!」などのメディアで紹介されました!

Amazonプライム、楽天市場、Yahoo!ショッピング全て送料無料!

目次

西伊豆の自慢品!「万能塩鰹茶漬け」が選ばれる理由!

アマゾンのレビューではなんと星4.5!!!

レビューをつけた人のうち、約87%の人が「万能塩鰹茶漬け」に星4以上をつけています!

西伊豆郷土料理「塩鰹」をふんだんに使用

西伊豆郷土料理の「塩鰹」を焼いて骨を取り、ほぐして昆布、ゴマ、海苔、若芽を混ぜ合わせて、塩鰹のうまみが存分に生きたお茶漬けの素として調理してあります。また、塩鰹は「正月魚(しょうがつよ)」と呼ばれ、縁起の良い食べ物として知られている食材です。

ふりかけ、おにぎりなど色々なレシピでおいしく食べれる!

お茶漬け以外にも、おにぎり・炒飯の具材、うどん・ごはんにふりかけ、などの食べ方があり、複数のレシピに応用できます!なかでも卵かけごはんにふりかけて食べれば箸が止まらなくなること間違いなしです!

こどもの体つくりに必要な栄養素が豊富!

塩鰹には、脳や神経の発達に有効なDHA、血液や血管の健康維持にEPA、筋肉や骨などの体つくりに必要なたんぱく質が豊富に含まれています!また、わかめや昆布、海苔、ゴマは健康維持に必要な栄養素がたくさん入っているので、こどもだけでなく幅広い年代の方にも元気になる食べ物です!朝食やお弁当に加えることでおいしく召し上がれます!

「万能塩鰹茶漬け」の基本情報

販売元三角屋水産(公式サイト
製品名万能塩鰹茶漬け(100g箱)
産地静岡県
価格公式サイト(オンラインストア):1080円+送料
Amazon:1522円(プライム会員なら送料無料
楽天市場:1580円(送料無料
Yahoo!ショッピング:1080円(送料無料
内容量100g
原材料食塩、潮かつお(鰹、食塩)、ごま、わかめ、醤油、昆布、鰹、砂糖、のり、焼酎、エキス(昆布、あじ、海老、鰹)、水飴、味醂、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、くん液、香辛料抽出物、(原材料の一部に小麦、大豆、りんごを含む)
※2022年8月18日調査時点
yoshikun
yoshikun

定価は公式サイトが一番安いですが、アマゾンプライム、楽天市場、Yahoo!ショッピングなら送料無料で注文できるので、送料込みの値段では公式サイト以外で買った方がオトクです!!

「万能塩鰹茶漬け」の口コミ

何回も購入しています。

おにぎりもお茶漬けも良いですが、卵かけご飯が絶品です。

amazonレビューより引用

どこがワンランク上かというと、

☆「 塩鰹(=西伊豆の郷土料理)」の旨味がとてもよく効いてます♪

☆「 アジ・エビ・カツオ・昆布 」のおだしまでが効いていて、、、

何とも上品な味わいなんです♪

☆ 昆布だけではなく、「 ゴマ・海苔・ワカメ 」もよいアクセントに

なっていて、お茶漬けにすると、なんだか「 ほっこり 」とした気分に!

☆「 卵かけご飯 」に入れても絶妙なんだそうですが、私はお茶漬けにするのが

一番好きです。

楽天市場レビューより引用

この万能茶漬け♪

卵かけごはんにチトふりかけるとコクが出てメチャ旨うな卵かけご飯になるよ(^^♪

玉子焼きの出汁として入れると何時ものの玉子焼きよか断然旨くなる~♪

楽天市場レビューより引用

口コミが良かったので買ってみましたが、本当に美味しくて、白米が進みすぎます。

使い切る前に湿気ってしまうのでもう少し小さいサイズがあると嬉しいです。

amazonレビューより引用
yoshikun
yoshikun

「100g箱サイズ」が多いなと思う方は、小分けにされている「3g×10袋入り」もあります!

三角屋水産 関連商品

しらすのジェノベーゼ

伊豆のチカラ 殻絞り海老ソース

※取り扱っているのは公式サイトと楽天市場のみ(2022年8月18日現在時点)。

販売元三角屋水産(公式サイト
製品名伊豆のチカラ 殻絞り海老ソース
産地静岡県
価格公式サイト(オンラインストア):529円+送料
楽天市場:3個セット 2690円(送料無料
内容量60g
原材料オマールエビ、トマトピューレ、たまねぎ、フュメ・ド・ポアソン、伊勢海老、魚介エキス(かに・えびを含む)、にんにく、乳又は乳製品を主原料とする食品(大豆を含む)、ワイン、植物油脂、野菜エキス(鶏肉を含む)、食塩、砂糖、チキンエキス(乳・小麦・大豆・鶏肉を含む)、酵母エキス、ゼラチン/増粘剤(加工でん粉、キサンタンガム)、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、ポリリン酸ナトリウム、カロチノイド色素、香料(乳成分を含む)
※2022年8月18日調査時点
役に立ったと思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサー理系会社員 | 博士号取得後、化学系企業に就職。| 化学にまつわる知識を発信。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる