待ちに待った!映画「THE FIRST SLAM DUNK」速報・感想【ネタバレ注意】 

  • URLをコピーしました!

 

12月3日公開の映画「THE FIRST SLAMDUNK」!!!

いよいよ公開!ということでさっそく観てきました!!!

 

映画館に入ると、SLAMDUNK熱が・・・!!!

 

観終わった後は感動でしばらく立ち上がれなかった・・・涙

 

余韻を残したまま帰りにパンフレットとミッチーとリョータのフィギュアを買って帰りました~

かっけーっす涙

公開前には「CGアニメかよ、くそ」とか「声優が違和感でしかない」とかいろいろ批判コメントありましたが、個人的には「そんなものはまったく気にならない」くらいストーリーとバスケシーンに吸い込まれてました。

おそらくあと3回は映画館に観に行くと思いますが、全部で泣く自信あります。

 

>>2023年1月29日更新

3回目観てきました!

3回目ともなると細かい部分(観客席見て○○のメンバーいた!とか)も気になったり、感情移入するメンバーも変わってきますね。

映画の感想【ネタバレ注意!!】

 

以下、ネタバレを含みますのでまだ観ていない方はご注意ください。

今回は桜木ではなく、「宮城リョータが主人公」で描かれていました。

映画予告でリョータが走っている姿や掛け声をかける姿が映っていたので、すでに公開前から「あれ?宮城リョータ主人公?」と予想する人もいたみたいです。

パンフレットのインタビューで原作・脚本・監督の井上雄彦先生は

原作をただなぞって同じものを作ることに、僕はあまりそそられなくて。もう1回「SLAM DUNK」をやるからには新しい視点でやりたかったし、リョータは連載中に、もっと描きたいキャラクターでもありました。

「THE FIRST SLAM DUNK」パンフレットより引用

たしかにコミックスでは、1年の桜木流川コンビ、3年の赤木三井コンビは、けっこうドラマが描かれている一方で、2年のリョータは他の4人と比べるとあまり描かれていなかった感はありました。

それが今回の映画では宮城リョータの兄「宮城ソータ」、そして母「宮城カオル」と原作には出ていなかったオリジナルキャラクターが出演しており、リョータの幼少期から高校生までのドラマが詳細に描かれてます!

正直いうと、最初ミッチーのフィギュアだけを公開前に買っていたんですが、映画観終わった後に「リョータかっけー」ってなって、あわてて宮城リョータのフィギュアを追加で買ってしまいました(笑)。

ただ、ミッチーに関しては、主人公が宮城リョータになったことで、主人公をボコボコにする(される?笑)悪者に見えてしまっているのが、少しショックでした。。。

 

どの試合を描くのかについては、公開前に色々な予想がたてられていましたが、やはり山王戦でしたね!

CGアニメのおかげなのか、リアルなバスケットボールの試合を見ているような臨場感がありました!

最後の後半残り2分から試合終了までのシーンは原作同様、胸アツでしたね!!!

 

まだ観てない人はぜひ観に行って感動してください!!

SLAM DUNK読んでない人はまず読んでみよ、感動するから。

ではまた!

役に立ったと思ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アラサー理系会社員 | 博士号取得後、化学系企業に就職。| 化学にまつわる知識を発信。

コメント

コメントする

CAPTCHA